チェンソーあれこれ

 

チェンソーを買いました。
雑木を薪にするために40cm前後に切断するのに、チェンソーが必要です。
スチール(ドイツ製)は、ハスクバーナー(スウェーデン製)と並ぶ、プロ用の
チェンソーです。
チェンソーも奥が深く、安全に使用するためにいろいろ勉強することが多いです。
使っているうちに切れが悪くなると、目立てが必要になります。
また快適に使うために、アフターの手入れもしなくてはなりません。
ところで、薪割りの斧も、スウェーデン・ドイツ製は、デザインのバリエーションも
多く、カタログを見ているだけでも楽しくなります。この辺は、男の世界ですね。
これから、郊外に薪の材料を取りに行くことが多く、チェンソーも活躍しそうです。

福岡の注文住宅 古民家再生 ハウスランド社

カテゴリー: 雑記 パーマリンク