薪の材料を確保

薪の材料にする木を取りに行きました。
野積みにしてあるケヤキで、まあまあ乾燥していました。
薪ストーブを毎日燃やすとなると、かなりの量の薪が必要です。
しかも、1年くらいは乾燥させなければなりません。
時々こうして、薪の材料をストックしておいて、まとめて薪割りをします。
本日は、トラック1台と軽トラック1台に満載して帰りました。

福岡の注文住宅 古民家再生 ハウスランド社

カテゴリー: すまいの話 パーマリンク